×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

主宰 ゆざわしん 本文へジャンプ

大分県出身。大学時代より芝居をはじめ、20歳のときに処女作を上演。その後、地道な活動が徐々に認められていき、23歳のときベネッセコーポレーション《チャレンジ》誌で漫画原作を執筆。さらにその仕事をきっかけに編集・ライターの仕事に就く。4年ほどの会社勤めの後、ライターとして独立。雑誌記事、企業広告、WEB記事・広告など幅広い分野の仕事をこなす中、プロデュース公演を自由気ままに行う。気がつけばライターとしてのキャリアも十年を超え、芝居人としてのキャリアは二十年に届こうとしている中、そのふたつの経験を融合させて、演劇界の中で新たなムーブメントを築きたいという欲求が湧いて出てきて、その心情に素直に乗ってしまった36歳。



CONTENTS
TOP
劇団 十人部隊-塊-とは
主宰 ゆざわしん
ワークショップ
ブログ
応募フォーム
問合せ
作品世界

日本の昔話をモチーフにした、どこか懐かしいファンタジー。
それがゆざわの持つ作品世界。
とはいえ、作品世界やストーリーに引きずられることなく、
描き出すのは登場人物たちのリアルな葛藤。
異世界を舞台にしつつも、現実世界で当然のようにある葛藤を
登場人物たちの言葉によって語られていきます。
イメージが言葉となり、さらに新たなイマジネーションを導き出す。
愛、夢、生、死……
耳障りのいい言葉がやがて、グロテスクな化物を連れてきて、
ひとつのテーマ性に収束していく。
それこそがゆざわの描くイマジネーション世界です。

テーマ性

ゆざわの描く作品で変わることのないテーマは【居場所】。
【居場所】こそが、現代人が求めてやまないものだと考えています。
そして、それを求めようと足掻く人々の中にこそ
葛藤が生まれ、ドラマを紡いでいくのです。
此処から何処かへ、何処かから此処へ。
時間・空間を行き来しながら語られる【居場所】、
それが普遍のテーマとして作品世界を彩ります。

演出

一見難解に見える作品世界ですが、
その実すべてに繋がりが施され、
緻密に計算された脚本に新たな命を吹き込むのが演出。
膨大な台詞、スピード感溢れる肉体、ダイナミックな舞台装置、
求めるものはあくまでもエンターテインメント。

プロデュース

【劇団十人部隊-塊-】を結成するにあたり、
ゆざわがもっとも力を入れたいというのがこの分野です。
劇団プロデュース、メンバー個々のプロデュース、
これらを融合させた上で、芝居で生活することを目指します。
プロデュースとはいかに客を集めるかを考えること。
そのためには上質な商品(芝居)を店頭(劇場)に並べること。
それを大前提とした上で、
ゆざわが今までの広告ディレクション経験の中で培った
あらゆる宣伝の方法論を注ぎ込みます。
広告の世界に身を置いていたからこそできる、
さまざまな手法が目標動員数を可能にします。